PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】明石商、猛追及ばず 延長戦で敗れる

第100回全国高校野球 八戸学院光星(青森)-明石商(西兵庫)1回、八戸学院光星・東健太郎が先制の2点本塁打=甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第7日は11日、甲子園球場で1回戦が行われ、第2試合は初出場の明石商(西兵庫)と2年ぶり出場の八戸学院光星(青森)が対戦。八戸学院光星が延長戦の末、9-8で勝利し、2回戦に進出した。

 八戸学院光星の4番東が一回に右翼ポール際へ先制2ランを放った。序盤に流れを引き寄せた一発を「無意識にガッツポーズが出た。気がついたらベンチにいたけど、めっちゃうれしかった」と無邪気に喜んだ。

 追い上げられた直後の五回には左翼へソロを運んだ。持ち前の長打力で点の取り合いを引っ張った主砲は「安打の延長が本塁打。これで満足していては駄目」とさらなる活躍を宣言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ