産経WEST

奈良県橿原市のマンホールカード完成 江戸時代の街並み残る今井町をデザイン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良県橿原市のマンホールカード完成 江戸時代の街並み残る今井町をデザイン

橿原市のマンホールカード 橿原市のマンホールカード

 奈良県橿原市は同市今井町の“ご当地マンホール”をあしらったマンホールカードを作製した。11日から同市の今井まちなみ交流センター「華甍(はないらか)」で配布を始める。

 江戸時代からの民家が残り、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている今井町では、マンホールの蓋に同町の町並みがデザインされている。同じタイプの蓋は町内には23枚しかないという。カードの表にはこの蓋の写真と設置地点の緯度、経度を表示。裏面では町の写真を添えてデザインの由来を解説している。

 マンホールカードは国土交通省などで作る「下水道広報プラットホーム」が全国の自治体と共同で作製しており、今回はその第8弾。76自治体が参加し、累計発行数は418種類(364自治体)、約230万枚となる。

 配布時間は午前9時~午後4時半。1人1枚。問い合わせは橿原市下水道課((電)0744・27・4411)。

このニュースの写真

  • 奈良県橿原市のマンホールカード完成 江戸時代の街並み残る今井町をデザイン

「産経WEST」のランキング