PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】レトロ観光列車「昭和」「あめつち」が走る鳥取 鉄道を「汽車」と呼ぶ地の郷愁

Messenger

 乗ること自体が楽しみになるような観光列車が、鳥取県に続々登場している。鉄道のことを「汽車」と呼ぶのが一般的な鳥取県。だからこそ、歴史ある鉄道資産が多く残る。ノスタルジーが観光列車の魅力を増している。

青いボディーが印象的な若桜鉄道の「昭和」。どこか懐かしい
青いボディーが印象的な若桜鉄道の「昭和」。どこか懐かしい

 7月23日夕、JR鳥取駅で2つの観光列車が肩を並べた。JR西日本が7月1日に山陰線の鳥取-出雲市駅(島根県出雲市)間で運行を始めた「あめつち」と、第三セクター・若桜(わかさ)鉄道が3月4日から県東部の路線で運行している「昭和」だ。競演は鳥取県の観光列車に注目してもらおうと同鉄道が企画、カメラを手にしたファンらが駆けつけた。

 「昭和」は旧国鉄を引き継いだ若桜鉄道が昭和62年に開業した際に導入したディーゼルエンジンで動く気動車「WT3003」を改修。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが、阪神電鉄が所有していた「阪神電気鉄道311形」をモデルにデザインした。

 青いボディーの外観はレトロで品格ある印象。内装は窓枠など木を多用し、ソファやテーブルを置いた。県東部の同電鉄の路線を観光列車として原則日曜に運行し、普通列車としても走る。

 3月の運行開始前から話題を呼び、観光ツアーの予約は半年先まで埋まるほどで、7月21日にはツアー参加者千人を達成した。

ゆったりと旅が楽しめる「あめつち」の車内
ゆったりと旅が楽しめる「あめつち」の車内

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ