産経WEST

計算誤りで消費税過少申告 三重・鳥羽、968万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


計算誤りで消費税過少申告 三重・鳥羽、968万円

 三重県鳥羽市は10日、下水道事業の平成24~27年度分の消費税額と地方消費税額を計約968万円過少に申告し、納付漏れがあったと発表した。計算方法に誤りがあり、過少申告加算税や延滞税の計約193万円と合わせ計約1161万円を追加納付する。

 市水道課によると、下水道料金収入など課税売り上げの消費税額から、電気代や委託料などの課税仕入れの消費税額を差し引いて計算していたが、実際には課税仕入れ消費税額から設備投資など企業債の元本を先に引く必要があった。

 市水道課は「計算方法の認識が不足していた」と説明。中村欣一郎市長は「大変申し訳ない。二度とないよう、適切な事務処理を行っていく」と述べた。 

「産経WEST」のランキング