PR

産経WEST 産経WEST

老人ホーム2施設で食中毒 31~99歳の入居者ら28人 愛知・岡崎

Messenger

 愛知県岡崎市は10日、同市の社会福祉法人「百陽会」が運営する老人ホーム2施設で、食中毒が発生したと発表した。7日に提供された食事を食べた31~99歳の利用者や職員の男女28人が下痢などの症状を訴えたが、全員快方に向かっている。

 市によると、食事は特別養護老人ホーム「アルクオーレ岡崎大平」内で調理し、同じ食事を冷却して有料老人ホーム「アルクオーレ岡崎戸崎」にも配送していた。市は10日、対策が取られるまで2施設に調理業務を禁止する処分を出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ