PR

産経WEST 産経WEST

新銀行は「徳島大正銀行」 平成32年1月に徳島銀、大正銀が合併 トモニHD

Messenger

 トモニホールディングス(HD)は10日、傘下の大正銀行(大阪市)と徳島銀行(徳島市)の合併を平成32年1月1日付で行うと発表した。合併は今年3月に決まっていた。新行名は「徳島大正銀行」。低金利下で収益環境が厳しくなる中、2行の合併で営業基盤の拡大とコスト削減を図り、収益基盤を固める。

 新銀行は徳島銀を存続会社として大正銀を吸収合併する。本店所在地は現在の徳島銀本店(徳島市)とし、徳島銀の基幹システムに大正銀のシステムを統合する。新銀行の経営体制、組織体制、統廃合を含む店舗体制などは今後詰める。同じトモニHD傘下の香川銀行(高松市)は独立を維持する。 

 トモニHDグループは、2行合併により、成長市場である大阪エリアに経営資源をよりシフトする。住宅・不動産分野に強い大正銀行、事業性融資や中小企業向け取引に強い徳島銀行、それぞれの特色を生かす。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ