PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】四球見逃しの5審判員に厳重注意

Messenger

 プロ野球の斉藤コミッショナーは10日、広島-中日18回戦(9日・マツダスタジアム)でカウントを誤って四球の宣告を怠った球審の津川、一塁塁審で責任審判員だった森、二塁塁審の嶋田、三塁塁審の名幸と控え審判の橋本の5審判員に厳重注意を科した。

 三回1死で広島の鈴木がフルカウントからの8球目を選び、4ボールとなったが、津川球審や他の審判員が気付かず、両球団からの指摘もなかったため、四球とならずに続行。ファウルを挟み、4ボール2ストライクからの10球目を打って二ゴロに倒れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ