産経WEST

【夏の甲子園】木更津総合、東千葉大会の勢いつなげる 昨年逆転負けの雪辱「寂しい、悔しい思いをした」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夏の甲子園】
木更津総合、東千葉大会の勢いつなげる 昨年逆転負けの雪辱「寂しい、悔しい思いをした」

 第100回全国高校野球選手権大会第6日は10日、甲子園球場で1回戦が行われ、3年連続出場の木更津総合(東千葉)が、3年ぶり出場の敦賀気比(福井)に10-1で大勝し、2回戦に進んだ。

木更津総合(東千葉)-敦賀気比(福井) 6回 3点適時三塁打を放つ木更津総合・東智弥=甲子園球場(萩原悠久人撮影) 木更津総合(東千葉)-敦賀気比(福井) 6回 3点適時三塁打を放つ木更津総合・東智弥=甲子園球場(萩原悠久人撮影)

 序盤は鳴りをひそめていた木更津総合の強力打線が一気に爆発した。1-0の六回に打者12人の猛攻で一挙6点を奪って大勝した。昨夏は逆転負けで初戦敗退した五島監督は「去年は寂しい、悔しい思いをした。選手がよく頑張ってくれた」と勝利をかみしめた。

 三回までは1安打で無得点。四回も無死満塁から神山の犠飛の1点止まりと流れは悪かった。だが六回。1死満塁から9番小池の死球で2点目を挙げ、さらに1番東が右越えに走者一掃の3点三塁打。神子も右前適時打で続き、敦賀気比のエース木下をマウンドから引きずり下ろした。

 東千葉大会は6試合全てで5点差以上をつけて優勝。甲子園でもその勢いは衰えなかった。

このニュースの写真

  • 木更津総合、東千葉大会の勢いつなげる 昨年逆転負けの雪辱「寂しい、悔しい思いをした」

「産経WEST」のランキング