PR

産経WEST 産経WEST

【浪速風】前倒し知事選で辺野古移設の対立解消を おおらかな沖縄県民の判断は(8月10日)

Messenger

 昨年、沖縄を旅行して、ツアーのガイドさんがバスの中で紹介した話が印象に残っている。ある会社で歓送迎会が開かれた。本土から転勤してきた社員が時間通りに会場に行くと、誰も来ていない。店を間違えたかと思ったら、1時間ほどして1人、2人と姿を見せ、全員がそろったのは2時間後だった。

 ▼「ウチナータイム(沖縄時間)」で、会合や行事はたいてい予定より遅れて始まる。「だからといってバスの集合時間に遅れないでくださいね。いなくても出発しますから」と笑わせた。「テーゲー(大概)気質」は沖縄の県民性らしい。いい加減と腹を立てるより、南国の大らかさと受け取る方がいい。

 ▼最近は米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐるニュースばかりだが、行ってみると、魅力あふれる自然と文化と人のとりこになる。翁長雄志知事の急逝で、11月に予定された知事選が前倒しされる。対立に終止符を打てるだろうか。県民の判断を見守りたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ