産経WEST

ハンドボール反則問題、肘打ち「危険性の高い反則行為だが、意図的ではない」 第三者委の報告書公表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ハンドボール反則問題、肘打ち「危険性の高い反則行為だが、意図的ではない」 第三者委の報告書公表

調査結果を報告した第三者調査委の委員長=10日、大阪市 調査結果を報告した第三者調査委の委員長=10日、大阪市

 6月に行われたハンドボール男子の全国高校総体大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手の肘(ひじ)が桃山学院の選手に当たる反則行為が試合後に認定された問題で、大阪高等学校体育連盟(大阪高体連)の第三者調査委員会は10日、「(加害選手に)積極的な加害意図や計画性は認められない」とする調査報告書を公表した。

 報告書は、問題のプレーについて「極めて危険性の高い反則行為」と指摘したが、「マークを排除するために行われた行為」だったとして意図的な「肘打ち」ではないと結論づけた。

 一方で、試合中に反則行為に気づかなかった審判の処分をめぐり、大体連が桃山学院に「処分を前提とした調査はできない」という回答を繰り返したことに対し、杓子(しゃくし)定規で丁寧さ、慎重さを欠いていた」と指摘した。

 この審判について、大体連は厳重注意処分とした。

「産経WEST」のランキング