産経WEST

【西日本豪雨】表・西六甲ドライブウェイ きょう通行止め解除

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
表・西六甲ドライブウェイ きょう通行止め解除

 西日本豪雨で斜面が崩壊し、車が通行できなくなっていた神戸市灘区の市道神戸六甲線(表六甲ドライブウェイ)と、同区と北区にわたる兵庫県道明石神戸宝塚線(西六甲ドライブウェイ)の通行止め規制が10日、解除される。

 市によると、表六甲は同市灘区六甲山町-六甲山町東山ノ内西谷間(約4・8キロ)、西六甲は同市北区山田町上谷上-同市灘区六甲山町中一里山間(約6・6キロ)の複数カ所で斜面が崩壊。7月5日から通行が規制されていた。

 表六甲は今月10日午前10時、西六甲は午後5時から通行止めが解除される見込み。ただ、一部区間は片側交互通行で、解除には数カ月かかる見込みという。

 一方、六甲北有料道路の長尾ランプ-神戸三田インター間(約1・8キロ)の通行止め解除は10月下旬の予定。県によると、県管理の道路9カ所で通行止めや片側交互通行などの規制が続いている。

山上施設は歓迎

 表六甲ドライブウェイなどの通行止めで、六甲山上の観光施設は客足に影響していた。六甲ガーデンテラスなどを運営する六甲山観光の担当者は「観光シーズンでもあり家族連れなどが例年より若干減っていた」とし、通行止め解除を喜ぶ。同社は管理する4施設で11、12両日、車で来た先着計400人に施設内で使える金券を配布する。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング