産経WEST

出世か庶民救済か…思い悩んだカリスマ僧侶 行基生誕1350年、吉田靖雄・大教大名誉教授に聞く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


出世か庶民救済か…思い悩んだカリスマ僧侶 行基生誕1350年、吉田靖雄・大教大名誉教授に聞く

行基の生き方について語る吉田靖雄氏=堺市内 行基の生き方について語る吉田靖雄氏=堺市内

 --出世か民間布教かで迷ったということですか

 吉田氏

当時は現代のように家族単位ではなく、一族で動いていたので、一人の坊さんの背後にいる何十、何百の人が、彼が偉くなって余得に預かることを期待した。そんな期待を裏切ることにもなりかねないので、行基さんは迷わざるを得なかった。

 --それでも、行基は決心したのですね

 吉田氏 大乗仏教では、私たち俗人は出家しなくても、反省しながら善なる方へ行くよう努力すれば、やがて偉大な人間、菩薩になることができると考える。行基さんはそんな民衆のための仏教が大事と思い、坊さんとしての出世をあきらめ、他人のために生きることが自分のためになるという現代のボランティア活動にも通じる考え方で進もうと決心した。それが49歳の頃で、それから真一文字に民衆のために突き進んだ。

 --行基は寺や橋、布施屋(ふせや)(宿泊・休養施設)を次々と造っていきました。布教を弾圧したことがある政府はやがて彼を評価し、大仏造立の勧進(かんじん)(教えを説き寄付を募ること)に起用します。そのときの行基の気持ちをどう推測しますか

続きを読む

このニュースの写真

  • 出世か庶民救済か…思い悩んだカリスマ僧侶 行基生誕1350年、吉田靖雄・大教大名誉教授に聞く
  • 出世か庶民救済か…思い悩んだカリスマ僧侶 行基生誕1350年、吉田靖雄・大教大名誉教授に聞く

「産経WEST」のランキング