PR

産経WEST 産経WEST

ネットでバイク部品海外販売 3千万円脱税 兵庫・淡路の販売会社を告発

Messenger

 法人税など約3千万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反などの罪で、兵庫県淡路市のバイク部品販売会社「ピーエムシー」の正本(まさもと)晃二社長(54)と法人としての同社を神戸地検に告発したことが9日、関係者への取材で分かった。重加算税を含む追徴税額は約4千万円とみられる。既に修正申告し、大半を納付したという。

 関係者によると、正本社長は平成25年7月~28年6月、主にインターネット上で海外向けに販売した商品の売り上げを計上せず、法人所得約1億2千万円を隠し、法人税など約3千万円を免れたとされる。

▼大阪城公園の「たこ焼き」販売で1億3千万円脱税…所得税法違反容疑で告発 大阪国税局

 同社は、大手バイクメーカーのハンドルやマフラーなどの部品、自社開発製品をネットや店頭で販売し、28年6月期の売り上げは8~9億円。海外への販売分を会社の別口座に振り込ませ、正規の売り上げから除外していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ