PR

産経WEST 産経WEST

翁長知事悼み記帳開始 沖縄県

Messenger

 沖縄の米軍基地負担軽減を訴え続け、8日に死去した翁長雄志知事を追悼するための記帳が10日、始まった。県は県庁1階県民ホールのほか、県内の合同庁舎4カ所に記帳所を設置。東京都千代田区の都道府県会館にある県東京事務所でも受け付ける。

 翁長氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げ、政府と鋭く対立。17日にも予定される辺野古沖への土砂投入を阻むため、7月に前知事の埋め立て承認撤回手続き開始を表明した。

 記帳所の設置は今月17日までで、土日を除く午前10時から午後4時まで受け付ける。

 10日夕には那覇市の寺で通夜が営まれる予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ