PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】あと5年で1世紀「大阪ガスクッキングスクール」が支持される秘密は

大阪ガスビル1階にある「クッキングスクール淀屋橋校」で、料理を習うエプロン姿の女性たち=大阪市中央区
Messenger

 年間約4万人が利用している「大阪ガスクッキングスクール」(大阪市中央区)が、来年でオープン95周年を迎えようとしている。大正13(1924)年に設置された当初はガスの普及を目的に西洋料理を中心に展開していたが、戦後は「家庭の味」が見直されるように。その後、核家族化や共働き夫婦が増えてくるとライフスタイルが一変し、「イタめしブーム」や「健康ブーム」なども手伝ってメニューも多様化していった。時代とともに移り変わるニーズに合わせ、利用者の支持を集めてきた。(北村博子)

最初はガス普及が目的

 「はじめは『割烹(かっぽう)研究会』という名称でした。当時の『割烹』は高級料理ではなく、『切ったり煮たりする料理』という意味だったそうです」

 大阪ガスのマーケティング推進部の川瀬実登里さんが説明しながら大阪ガスの記録や研究をまとめた出版物「炎と食」を開くと、そこにはキッチンに向かう大勢の割烹着姿の女性が写っていた。

 川瀬さんによると、大正13年に開設された頃は、一般家庭にあまりガスが普及しておらず、台所で料理するのは薪(まき)や炭が主流だったという。

 明治時代のガス灯が、大正時代になると電灯に取って代わるようになり、同社は照明事業から撤退を余儀なくされ、家庭用の新たな熱源供給へとシフトすることに。大阪市内のガス供給は明治38年から始まっていたが、「ガスで炊いたご飯はくさい。腐りやすい」などのデマもあり、なかなか家庭に浸透することはなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ