産経WEST

【夏の甲子園】興南が土浦日大を下し、2回戦進出 継投で逃げ切る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夏の甲子園】
興南が土浦日大を下し、2回戦進出 継投で逃げ切る

勝利してスタンドにあいさつに向かう興南(沖縄)の選手=甲子園球場(須谷友郁撮影) 勝利してスタンドにあいさつに向かう興南(沖縄)の選手=甲子園球場(須谷友郁撮影)

 第100回全国高校野球選手権大会第5日は9日、甲子園球場で1回戦が行われ、第4試合では興南(沖縄)が土浦日大(茨城)を6-2で下し、2回戦に進出した。

 興南は藤木が七回まで1失点に抑えた。3-1の八回に無死満塁を招いたが、宮城が後続を断った。打線は五回に根路銘の犠飛と仲村の適時打で2点を先制し、六回に西里の適時打で加点。八回に3点を加えて突き放した。

 土浦日大の富田は八回途中まで13安打を浴び、リズムをつくれなかった。打線も七、八回の満塁機を生かせなかった。

「産経WEST」のランキング