PR

産経WEST 産経WEST

香川の外国人技能実習生12人が結核感染

Messenger

 20~30代の外国人技能実習生の男女12人が結核に集団感染し、うち3人が発病したと香川県が9日、発表した。重症者はおらず、感染拡大の恐れもないという。

 県によると、ラオスから2月に来日した実習生の女性が4月に健康診断を受けたところ、肺に異常が見つかり、肺結核と診断された。

 女性は1カ月間、同県善通寺市で研修を受けており、検査したところ、ほかの11人の感染も確認された。

 12人は、同県さぬき市や徳島県内の農場など10カ所で働いていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ