PR

産経WEST 産経WEST

イコカポイントを10月開始 最大運賃の50%還元も

Messenger

 JR西日本は9日、乗車回数など利用状況に応じてICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」にポイントを付与するサービスを10月1日に始めると発表した。1ポイントは1円分の電子マネーとして乗車や買い物に使える。

 ポイントは、同じ運賃の区間を繰り返し乗車したり、特定区間を指定された時間帯に乗車したりすればたまる。最大で支払った運賃の50%が還元されるケースも設定した。JR西のイコカエリアでの利用が条件で、新幹線などは対象外となる。

 イコカを使った買い物でも付与されるケースがあり、対象の店舗を今後拡大する。利用登録が必要で、今月下旬から一部の券売機やインターネットで受け付ける。条件など詳細はJR西のホームページに掲載している。

 JR西によると、イコカの発行枚数は7月末時点で約1845万枚。サービスを充実させて普及を図る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ