産経WEST

島根3号機の審査申請了解伝達 島根県が中国電力に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


島根3号機の審査申請了解伝達 島根県が中国電力に

 島根原発3号機(松江市)の新規稼働に必要な原子力規制委員会審査の申請に関し、中国電力から事前了解の申し入れを受けた島根県の溝口善兵衛知事は9日、同社に申請を了解すると正式に伝えた。これで安全協定上、必要な立地自治体の了解が出そろい、同社は早期に申請する。

 中国電力は5月22日に松江市と島根県に事前了解を申し入れ、同原発から30キロ圏内の島根県出雲市、安来市、雲南市と鳥取県、同県米子市、境港市には事前報告した。

 7月3日に松江市の松浦正敬市長が了解を表明。島根県では専門家や住民代表を交えた会議、議会で議論し、同6日に県議会が了解した。鳥取県の平井伸治知事ら30キロ圏内の周辺自治体も8月上旬までに全て容認した。

 このため溝口知事は7日、記者会見し「規制委が専門的な見地から厳格に審査する必要がある」と申請を認めた。

「産経WEST」のランキング