産経WEST

寺崎電気産業で2億円超着服か 社員が原材料転売、大阪府警に告訴検討

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


寺崎電気産業で2億円超着服か 社員が原材料転売、大阪府警に告訴検討

 船舶などの配電制御システムを製造販売する「寺崎電気産業」(ジャスダック上場、大阪市平野区)の社員が、原材料を勝手に転売して約2億1千万円を着服した疑いのあることが8日、会社関係者などへの取材で分かった。同社は業務上横領罪で大阪府警への刑事告訴を検討している。

 同社によると、同社員は工場の購買担当だった平成27年8月~今年5月、購入した原材料を盗み、社外に転売。隠蔽(いんぺい)工作を行い、発覚を免れていたという。

 今年に入り、経理の確認作業で不正が発覚。同社は今月7日に調査委員会を設置し、詳しい経緯を調べている。同社は「巧妙な手口で見抜けなかった。調査の進展や結果は速やかに開示する。再発防止に向け、全社を挙げて取り組みたい」としている。

 同社は大正12年創業。今年3月期の売上高は約368億円。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング