PR

産経WEST 産経WEST

豪雨9年、犠牲者20人悼み献花 兵庫・佐用町

Messenger

 兵庫県佐用町で平成21年に20人が死亡した豪雨災害から9年となる9日、犠牲者の名前や地域再生への願いが刻まれたモニュメントがある同町の「復興ひろば」に献花台が設置され、庵逧典章町長や町民らが追悼した。

 豪雨災害は、21年8月9~10日に発生。接近した台風による大雨で川の水があふれ、4歳の女児や小中高生を含む計20人が亡くなった。

 今年7月の西日本豪雨では、佐用町は当時の被災者対応の経験を生かして被害の大きかった自治体を支援。未使用タオルの寄付を住民に呼び掛けて約2万3千枚を送ったほか、町の用意したバスで岡山県高梁市と倉敷市に町民25人以上がボランティアとして訪れた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ