PR

産経WEST 産経WEST

【虎番疾風録(4)】「愚痴」を「発言」に変えたエモやん

Messenger

 この騒動は大きくはならなかった。暴言の中身が封印されたのと、翌日、「まだ投げられるのに…という悔しい気持ちがあんな形(暴言)で出てしまった。冷静さを欠いてまずかったと思う」と江本が謝罪し、首脳陣も「不問」としたからである。

 だが、今回は違う。江本は独り言を公式の首脳陣批判に変えてしまったのである。(敬称略)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ