PR

産経WEST 産経WEST

「パチパチ」の日に全日本珠算選手権 小学生から60代がそろばん腕競う 京都

全日本珠算選手権大会で、そろばんをはじく参加者ら=8日、京都市左京区
Messenger

 年齢に関係なくそろばんの腕を競い合う平成30年度全日本珠算選手権大会(全国珠算教育連盟主催)が8日、国立京都国際会館(京都市左京区)で開かれ、全国から参加した小学生から60代までの男女682人が日頃の練習の成果を披露した。

 玉を弾くパチパチという音にちなんで「そろばんの日」に指定されている8月8日に毎年開かれており、今年で62回目。この日は、かけ算や割り算などの一般的な珠算技術のほか、一瞬の間に画面に映し出された数字を暗算する「フラッシュ暗算」などが行われた。

 緊張感に満ちた会場では、参加者らが「用意、始め」の合図と同時に、真剣な表情でそろばんをはじいていた。個人総合競技で優勝した千葉県流山市のそろばん教室講師、竹澤祥加さん(28)は4年ぶり3度目の「そろばん日本一」に輝き、「緊張しすぎず、自分のベストを尽くせた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ