産経WEST

【ボクシング】はびこるスポーツ界の「黒い交際」 反社会勢力の誘惑を断ち切るには 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ボクシング】
はびこるスポーツ界の「黒い交際」 反社会勢力の誘惑を断ち切るには 

 そして、スポーツ団体の上部組織に対しては今回、官庁のにらみが利くことが学習できた。2年後の東京五輪に向け、スポーツ界と反社会勢力とのつながりを断ち切る動きはさらに強化されるだろうが、その際、スポーツ庁や日本オリンピック委員会(JOC)がより積極的な働きかけを行うことが求められる。(市坪和博)

     ◇

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で山根明会長が辞任を表明したことを受け、スポーツ庁の鈴木大地長官は8日、「遅きに失した感はあるが、一歩前進。これで終わりではないので、連盟の運営をどうするかを含め、しっかりやってもらいたい」と述べ、今後の事実解明と組織改革を求めた。

 山根会長の影響力がボクシング界に残る可能性に懸念を示し「身を引くことを希望している」と厳しく指摘。山根会長が「東京五輪に参加できなくても、その次の五輪もあります」と発言したことに対し、鈴木長官は「選手には東京五輪で頑張ってもらいたい。いい形で競技ができるように態勢を整えたい」と話した。

このニュースの写真

  • はびこるスポーツ界の「黒い交際」 反社会勢力の誘惑を断ち切るには 

「産経WEST」のランキング