PR

産経WEST 産経WEST

話題のサバ缶でカレーを作ってみた…心斎橋「クックパッドスタジオ」で手軽に動画撮影、レシピを公開

Messenger

 いよいよ、頭上に設置されたカメラで撮影スタート。正面のモニターには調理している手元が映し出され、スタッフにコツを教わりながら撮影を進める。たとえばタマネギの千切りでは、「まな板にタマネギを置く」「切り始める」「切り終わる」場面を撮るなど、早送り動画でも自然な流れになるような工夫が随所にあった。

 続いて、タブレットを使って撮影した動画を約1分に編集する。“見せ場”作りも思いのままで楽しく、スタートから約3時間で予想以上のクオリティーの動画が完成。約1週間後、クックパッドのサイト( https://cookpad.com/ )で動画が公開された。同社によると、その動画を自分のSNSで発信している利用者も多く、またスタジオは何度でも利用できるのでリピーターも増えているという。

 新しい試みの狙いについて広報担当者は「動画を『見て楽しむ』から『作って楽しむ』への提案です」と説明。心斎橋のスタジオでは、関西の料理家や料理好きタレントらを起用した料理作りのライブ配信を行っているほか、食の街の立地を生かして近隣の飲食店とのコラボによるメニューの動画配信なども検討しているという。

     ◇

 利用は午前10時、午後2時、同6時からの3部制で、1枠4時間まで。無休。クックパッドスタジオのサイト( https://cookpad.com/ )から予約する。問い合わせはクックパッドスタジオ心斎橋(電話06・7777・1770)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ