PR

産経WEST 産経WEST

【私の時間 シネマ】真に迫る死神の殺陣 映画「BLEACH」出演 早乙女太一

Messenger

 平成3年、福岡県生まれ。父が創設した大衆演劇「劇団朱雀」の2代目として4歳で初舞台に上がる。舞台を見た北野武監督に抜擢され、12歳で映画「座頭市」(15年)に出演。“100年に1人の天才女形”と呼ばれ全国区の人気俳優に。舞台の他、テレビや映画など活動の場を広げ、時代劇から現代劇までジャンルを問わずさまざまな役に挑んできた。

 今秋公開される将棋をテーマにした映画「泣き虫しょったんの奇跡」では、髪形を七三分けにした地味で繊細な棋士役を好演する。

 赤毛を振り乱して戦う剣士役の恋次とはあまりにも懸け離れ、同一人物とは思えないが、「それこそが俳優の仕事の魅力。面白さなんですよ」と爽やかに笑った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ