PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】苦しみ抜いた昨夏の覇者が最後に地力 花咲徳栄、逆転で連覇へ一歩

連覇に向け、初戦突破を喜ぶ花咲徳栄ナイン=8日、甲子園球場(須谷友郁撮影)
Messenger

 鍛え抜かれた打線が、最後には難局を打開した。花咲徳栄は鳴門に2点のリードを許して迎えた八回、倉持の適時打で1点を返し、なおも2死一、二塁のチャンス。ここで1年生の井上の右翼への二塁打で一気に逆転した。殊勲の7番打者は「自分が打ったらチームが勢いづくという思い。覚悟を決めた打席だった」とうなずいた。

 制球力に優れる鳴門のエース西野を序盤は打ちあぐねたが、「出始めると止まらなくなる」(岩井監督)という打線が終盤に力を発揮。八、九回に集中打で3点ずつ奪い、終わってみれば先発全員安打の猛攻だった。

 なかでも奮闘したのがエースで4番の野村。二回までに4点を失ったが、四回にソロ本塁打を放ち、「これで自信が持てる」とピッチングのリズムも取り戻した。打っては2安打3打点、投げては5失点も粘りの投球で完投した。

 有力校がしのぎを削る夏の甲子園で1勝を挙げる重みを、チーム全員が改めて知った。「この子たちには、絶対に負けないという意地がある」と岩井監督。苦しみ抜いた昨夏の覇者が、連覇へ向けて力強く歩みを進めた。(吉原知也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ