PR

産経WEST 産経WEST

【虎番疾風録(5)】「渡りに船」だった退団劇 江本「ベンチがアホやから、野球がでけへん」発言

神妙な表情の江本(右)と退団を発表する阪神の岡崎球団代表(左)
Messenger

 『ベンチがアホやから、野球がでけへん-江本が大暴言 公然と首脳陣批判』 

 予想通り、翌日(8月27日)のスポーツ各紙はこの騒動を一面で報じた。阪神もすぐさま江本を球団に呼びつけ、発言の真意など事情を聴いた。

 正午過ぎ、大阪・梅田の球団事務所には各テレビ局の取材クルーも押しかけて、100人近い報道陣でごった返していた。

 「殿、エモさんはどうなるんですか。まさかクビにはなりませんよね?」

 隣に座っている平本先輩に尋ねた。江本自らの口で独り言を公式発言に変えたとはいえ、きっかけとなった“肉声”を聞いていただけに、もし、ボクが聞いていなかったら…という後ろめたさがあった。

 「きょうの時点では罰金と謹慎処分というところやろ。ただ、今年オフのトレードは必至やな。まぁ、今回の騒動がなくとも、いずれはクビになる運命や」

 ここ数年、オフになるといつも「江本放出」の記事が出ていた。降板指令に腹を立て、マウンドでグラブをけっ飛ばしたり、スタンドへグラブを投げ込んだり。球団が「放出」を決めて各球団と交渉を始めると、「トレード? できるもんならやってみろ」と発言し、厳重注意を受けていた。

 球団の事情聴取は4時間に及んだ。そしていきなり江本の「退団」が発表されたのである。球団の説明によれば、最初は「謹慎処分」を言い渡すつもりでいた。ところが話し合いの中で江本から「謹慎するぐらいなら、前夜の発言の責任を取って退団したい」という申し出があり、球団もこれを了承。すぐさま「任意引退」の手続きを取ったという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ