PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】和歌山の豪華「まぐろハンバーグ」1個200円 マグロの身と牛脂がコラボ、人気商品に

勝浦漁港のマグロと熊野牛を使った「まぐろハンバーグ」を製造する「プロミール」の児玉隆博社長
Messenger

 和歌山県が誇る勝浦漁港(那智勝浦町)のマグロとブランドの熊野牛を使った「まぐろハンバーグ」が人気を呼んでいる。1個200円程度というリーズナブルな価格も受け、県内を中心とした産直市場では昨年秋の販売以来、右肩上がりの売れ行きだ。“ありそうでなかった”和歌山の二大食材を組み合わせた商品は、加工の過程で捨てられていたマグロの身を「もったいない」と思った男性社長の発想から生まれた。

味と手頃さで人気

 肉厚でジューシーなのに、さっぱりした後味。臭味もなく、一度食べるとくせになる。日本有数の水揚げ量を誇る勝浦漁港のマグロの身に、県南部・熊野地域の熊野牛の牛脂を混ぜ合わせた「まぐろハンバーグ」はそんな評判も聞かれ、主婦層の人気も高い。

 同県田辺市の会社が県内外で運営する産直市場「よってって」で昨年10月から販売されたところ、店長や客の口コミで人気が広がり、今では同市場の15店舗以上で月に千個が売れる人気商品になった。

 和歌山市のわかちか広場で今年3月に行われた県中小企業団体中央会主催のイベント「第14回和歌山くみあい祭り」では、瞬く間に100食を完売。同市場の担当者も「地産地消の魅力的な商品」と一押しする。

 保存料などの添加物は入れず、地元でとれたマグロの身と熊野牛の牛脂を使い、手ごねで仕上げ、産直の利点から価格も1個200円前後に設定した。

「捨てる? もったいない」角煮で食べて…これだ!

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ