PR

産経WEST 産経WEST

【ボクシング】進退「一切答えない」と山根会長 日本連盟の緊急理事会へ会場入り

Messenger

 助成金流用や山根明会長の反社会勢力との交友が問題になっている日本ボクシング連盟は7日、大阪市内で緊急理事会を開催し、今後の対応を協議した。

 この問題では山根会長を支える立場の複数の理事会メンバーが辞任を検討している。既に助成金の流用や過去の暴力団組長との関係を認めている山根会長に対しては、連盟内外から批判の声が強まっており、進退問題に発展する可能性がある。

 ホテルの玄関に車で到着した山根会長は現場に陣取った報道陣に囲まれ、「辞任の考えは?」の質問に「そういうことにはいっさい答えない」と答えた。

 スポーツ庁の鈴木大地長官は同日、個人的な意見と前置きした上で、山根会長について「事実だとすれば辞任に値する」と述べ、助成金流用への関与も含めて事実であれば辞めるべきだとの考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ