産経WEST

【西論】原爆の日 国を危うくする理想と現実の逆転

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
原爆の日 国を危うくする理想と現実の逆転

暑さ対策のミストが舞うなか、慰霊碑に手を合わせる人の長い列ができた=6日午前、広島市中区の平和記念公園(宮崎瑞穂撮影) 暑さ対策のミストが舞うなか、慰霊碑に手を合わせる人の長い列ができた=6日午前、広島市中区の平和記念公園(宮崎瑞穂撮影)

 これは原爆の問題にとどまらない。日本の戦争を断罪し、日本人自身も受け入れてきたいわゆる東京裁判史観しかりである。   (論説委員・河村直哉)

「産経WEST」のランキング