PR

産経WEST 産経WEST

【西論】原爆の日 国を危うくする理想と現実の逆転

Messenger

 それは原爆の犠牲者に礼を失することにはならないはずである。平和を守ることこそ、犠牲者に応える道ではないか。日本の脅威となっている国に核兵器を使わせないためにこそ、核議論はなされるべきだろう。「海中に沈めるべきだ」などという暴言を、いわせるがままにしていてよいか。

 加えていうと、原爆投下も日本に責任があった、などとする誤った歴史観が、米国のみならず日本にもあった。

 「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」。そう刻んだ広島の原爆死没者慰霊碑碑文の、「繰返しませぬ」といっている主語は、常識的に読めば日本である。日本が誤っていたから原爆を投下されたということである。

 一昨年のオバマ前大統領の広島訪問は、誤った歴史観の米国における修正をうかがわせるものだった。投下国による実質的な謝罪であったといってよい。それなのに日本にいまだこのような歴史観があるとすれば、その方こそ原爆の犠牲者に失礼だろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ