PR

産経WEST 産経WEST

【夕焼けエッセー】何よりの贈り物 

Messenger

 3月に結婚し、実家を離れた娘からメールがきた。

 「お誕生日おめでとう。嫁(とつ)いで家を出ましたが、いつも心配してくれて、相談にのってくれて、愚痴(ぐち)を聞いてくれてありがとう。結婚式の披露宴の時に祝辞を読んでいただいた上司に『君が年齢以上にしっかりしているのは、お母さんの影響があるんだろうな』と、会社で言われたよ。自慢の母でございます。これからも、心身共に無理をせず大事にしてください」

 ふと、「私、その上司の方と披露宴で何をお話したっけなあ…」と思い起こした。覚えがない。

 「とりあえず、あなたは年齢以上にしっかりしているように職場では思われているってことね」と、メールの返信を打ちながら笑みがもれた。

 そういえば、何かの本で読んだことを思い出した。子育てが成功したかどうかというのは、その育った子どもが社会に出て一人前に認められ、人望を得ることができるかどうかでやっとわかるということが書いてあったように思う。居間の床におもちゃを散らかして遊ぶ子どもを眺めながら、なんて果てしない話なのだろうと、その時は思った。

 今は、これで良かったんだと思えてきた。

 そして、再度娘にメールを送った。

 「あなたのメールで勇気づけられました。何よりの誕生日の贈り物です」

浅井一美(58) 愛知県美浜町

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ