PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】センバツ準V智弁和歌山、近江の強力打線に完敗 高嶋監督「ミスが連続した」

Messenger
近江(滋賀)-智弁和歌山(和歌山) 5回、近江・山田竜明が右中間へ勝ち越しの本塁打を放った=甲子園球場(彦野公太朗撮影)
近江(滋賀)-智弁和歌山(和歌山) 5回、近江・山田竜明が右中間へ勝ち越しの本塁打を放った=甲子園球場(彦野公太朗撮影)

 第100回全国高校野球選手権大会第3日は7日、甲子園球場で1回戦が行われ、第2試合は今春の選抜大会準優勝の智弁和歌山が近江(滋賀)と対戦、近江が強力打線を発揮し7-3で勝利、2回戦に進出した。

 智弁和歌山が二回に2点を先制。近江が四回に北村の2点本塁打で追い付くと、五回に山田のソロ本塁打で勝ち越した。

 八回には北村がこの日2本目の2点本塁打を放ち、その後も加点、リードを5点に広げた。

 智弁和歌山は最終回にチャンスをつくり、1点を返したが、反撃も及ばなかった。

▼【夏の甲子園】真逆の継投はまった高岡商「チーム全員の勝利」 左本格派の山田から右横手の大島へ

 近江の多賀監督は勝利校インタビューで「選手には『初戦は気楽に行け、もしかしたらミラクル起きるぞ』と選手に話していた。地方大会では打てていなかった北村が本塁打を放ち、本当に驚きました。選手たちは負けてもともとでやりきってくれた」と語った。

 この日、2発4打点の近江の四番打者、北村は「一本目は入るとは思いませんでした。二本目は行ったと思いました。奇跡に近いです。甲子園は歓声がすごい。次も少ない失点で勝つ近江のプレーを見せたいと思います」と笑顔を見せた。

 一方、初戦で姿を消した智弁和歌山の高嶋監督は「チャンスでクリーンアップで点をとれなかったので仕方がないです。これだけミスが連続していたら、甲子園では勝てません。相手にリズムを与えてしまった」とコメントした。

近江(滋賀)-智弁和歌山(和歌山) 8回、近江・北村恵吾に2点本塁打を浴びた智弁和歌山先発・平田龍輝=甲子園球場(甘利慈撮影)
近江(滋賀)-智弁和歌山(和歌山) 8回、近江・北村恵吾に2点本塁打を浴びた智弁和歌山先発・平田龍輝=甲子園球場(甘利慈撮影)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ