PR

産経WEST 産経WEST

衆院開票で不正の甲賀市選管、知事選を検証

開票作業の映像を検討する再発防止委員会=滋賀県甲賀市役所
Messenger

 滋賀県甲賀市選挙管理員会は、昨年の衆院選開票作業の不正を受けて設置した再発防止委員会を開き、6月の知事選の開票作業を検証した。

 市選管は作業の問題点を検証しようと開票会場にビデオカメラを設置しており、撮影した作業の様子を分析した。再発防止委では、会場内の投票箱の保管場所から開票作業場に運搬する際の作業効率改善を指摘する声があったほか、投票箱の削減のため、投票所を減らす検討も必要との声もあがった。

 再発防止委の小島勇人委員長は「今後は幹部をはじめ、職員の選挙事務に対する意識を保つことが重要になってくる」と話した。

 次回は9月下旬に開催。開票不正の原因究明を盛り込んだ最終報告案の取りまとめを予定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ