PR

産経WEST 産経WEST

イノシシが怯える「スーパーモンスターウルフ」淡路島に上陸!

Messenger
LEDの目を光らせ、音声とともに威嚇する「スーパーモンスターウルフ」=兵庫県淡路市生田畑
LEDの目を光らせ、音声とともに威嚇する「スーパーモンスターウルフ」=兵庫県淡路市生田畑

 見た目と音、光でイノシシなどの有害鳥獣を追い払う装置「スーパーモンスターウルフ」が今月、兵庫県淡路市生田畑に導入され、実証実験が始まった。甲信越や九州などでは導入されているが、関西では初めて。導入初日の“お披露目”では担当者がスイッチを入れると、イノシシが怖がるとされる“恐ろしげな音声”が田畑に響き渡った。

 スーパーモンスターウルフは北海道奈井江町の電機メーカー「太田精器」が昨年秋に開発。外見は野生動物の天敵であるオオカミを模しており、高さ65センチ、長さ75センチ。1体約40万円で、これまでに長野県や山梨県をはじめ、四国や九州の自治体、地元JAなどが計30数体を採用している。

▼犯人はTV…「ラスカル」どころか害獣、アライグマ被害

 淡路市でもイノシシ被害に悩まされており、同市の有害鳥獣対策協議会が2体の導入を決めた。今後、2カ月単位で設置場所を移動させるなどし、来年3月までに市内計8地区で効果を確かめる。

イノシシ接近! すると銃声や悲鳴など57種の…そして

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ