PR

産経WEST 産経WEST

【萌える日本史講座】蘇我氏のルーツは渡来人? “古代の大悪人”か時代の変革者か

蘇我蝦夷の墓ともいわれる小山田古墳。墳丘の周囲は石が敷き詰められていた=奈良県明日香村(甘利慈撮影)
蘇我蝦夷の墓ともいわれる小山田古墳。墳丘の周囲は石が敷き詰められていた=奈良県明日香村(甘利慈撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「大化の改新」として覚えている方も多いだろう。古代史最大のクーデター、乙巳(いっし)の変(645年)。蘇我入鹿(そがのいるか)が暗殺され、本家が滅亡した蘇我氏。奈良県明日香村では平成27年、この政変で自害に追い込まれた入鹿の父、蝦夷(えみし)の墓ともいわれる小山田(こやまだ)古墳が発掘され、蘇我氏の存在がクローズアップされた。一族のルーツは奈良を拠点とした「倭人」というのが学界では有力だが、「朝鮮半島からの渡来人だった」との新説が打ち出された。文楽や浄瑠璃(じょうるり)では古代の大悪人として語られる一方、時代の変革者ともいわれる蘇我氏。果たしてその実像は-。(小畑三秋)

天皇の外戚として栄華

 渡来人説を唱えるのは、奈良県文化財保存課の坂靖(ばん・やすし)課長補佐。県立橿原考古学研究所の研究員当時は県内の遺跡発掘を長年手がけ、1年近く韓国国立文化財研究所で研修するなど、日韓の考古学に詳しい。

 新著「蘇我氏の古代学」(新泉社)で坂さんは、「蘇我氏の出自を考古学的に検証すると、飛鳥の開発を主導した渡来人にたどりつく」とし、出身地を朝鮮半島南西部の全羅道地域との説を唱える。「飛鳥時代を切り開くうえで歴史的に大きな役割を担った」と話す。

わが子を「王子」と…中大兄皇子&中臣鎌足に殺され、天皇を中心とする国家に

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ