PR

産経WEST 産経WEST

【原爆の日】「核兵器禁止条約を一里塚に」広島市長が平和宣言

Messenger

 広島は6日、原爆投下から73年の「原爆の日」を迎えた。爆心地に近い広島市中区の平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が開催され、約5万人が犠牲者の冥(めい)福(ふく)を祈った。松井一(かず)実(み)市長は平和宣言で「核兵器のない世界」への誓いを新たにし、「日本政府は、国際社会が核兵器のない世界の実現に向けた対話と協調を進めるよう、役割を果たしてほしい」と求めた。

暑さ対策のミストが舞うなか、慰霊碑に手を合わせる人の長い列ができた=6日午前、広島市中区の平和記念公園(宮崎瑞穂撮影)
暑さ対策のミストが舞うなか、慰霊碑に手を合わせる人の長い列ができた=6日午前、広島市中区の平和記念公園(宮崎瑞穂撮影)

 式典には、被爆者や遺族代表をはじめ、安倍晋三首相や核兵器保有国の米国などを含む85カ国と欧州連合(EU)の代表が参列した。米国駐日大使の参列は3年ぶり。原爆投下時刻の午前8時15分、遺族代表らが平和の鐘を打ち鳴らすと、参列者全員で黙(もく)祷(とう)をささげた。

 松井市長は平和宣言で、昨年の核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))のノーベル平和賞受賞に触れつつ、「世界では自国第一主義が台頭し、冷戦期の緊張関係が再現しかねない」と指摘。「だからこそ私たちは『ヒロシマ』を『継続』して語り伝えなければならない」と呼びかけた。各国には、核兵器禁止条約を「核兵器のない世界への一里塚」とするよう求め、朝鮮半島の非核化は「市民社会は朝鮮半島の緊張緩和が平和裏に進むことを心から希望している」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ