PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和のスポカル】風景と対話し続けた画家、麻田鷹司

日本三景を描いた麻田の作品。左から「天橋雪後図」「松嶋図」「厳嶋図」
Messenger

 人は見知らぬ土地に憧れる生き物である。

 だから、旅をする。

 旅先で美しい風景を見れば、どうにかしてそれを残したくなる。

 風景画はそうして生まれてきた。

 ちょっと夏目漱石の「草枕」のような出だしになった。

 しかし、そんな風にして生まれてきた絵には、邪気がない。

 日本画家、麻田鷹司(1928~87年)の描いた風景画は、そうした絵である。

   □    □

 京都市東山区祇園町の何必館・京都現代美術館( http://www.kahitsukan.or.jp/ )で開催中の「麻田鷹司展」で、じっくりとその作品を見た。

 たった1枚、20代の初めに描いた自画像を除けば、展示されている絵は、のきなみ風景を描いたものだった。

 天橋立、厳島、松島の日本三景、清水寺や銀閣寺、八坂の塔といった建造物など、絵になる風景はもちろん、一見したところでは、どこだかわからない景色を切り取って描いたものもある。

 異なる風景ばかりなのだが、じっと目をこらしていると、そこに共通した何かが貫かれているのではないかと思えてくる。言葉に置き換えるなら、それは静謐であり、冷厳であり、壮大であり、無常…。

 前に立ってみればわかるであろう。きっと、ざわざわとした感情をも、すーっとおさめてくれるに違いない。それは、自分と向き合い、対話することのできる絵なのである。

   □    □

 麻田の本名は昂(たかし)という。日本画家で版画家の辨自(べんじ)(1900~84年)の長男として京都に生まれた。市立美術専門学校(現京都市立芸術大学)に進むが、学生のころから、その技量は注目されていた。

 美専卒業前年には第一回創造美術展に出品した「夏山」が入選。また、卒業制作の「残照」は大阪市長賞を受賞している。

 年表を調べると、団体展で受賞を重ね、日本画家としての実績を積みながら、麻田は幾度も渡欧、さらに後年には日中文化交流協会の代表となって、訪中も果たしている。

 麻田が旅する画家になった理由は以下の通りだ。

 《モデルへの気がね、遠慮もなく、風景はいつもそこで待っていてくれる》(麻田鷹司画文集「一風景画家の方法」より)

 彼にとって風景は、いつまでもじっと自分を待っていてくれる鷹揚(おうよう)な人物のようなものだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ