産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】12球団最悪の失策の多さ 金本阪神は“聖地”甲子園で勝てない

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
12球団最悪の失策の多さ 金本阪神は“聖地”甲子園で勝てない

チャンスをものにできないチームにベンチの金本監督の表情も厳しい チャンスをものにできないチームにベンチの金本監督の表情も厳しい

 最悪100失策ペースです!! 阪神は87試合消化時点で39勝47敗1分の借金8、首位・広島とは12・5ゲーム差の単独最下位に沈みました。開幕前は優勝候補と言われたチームがどうしてここまで苦しんでいるのでしょうか。データを見ると際立つのが失策数の多さ。87試合で61失策はリーグどころか12球団最悪。今のペースで残り56試合戦うとシーズン100失策の悪夢が訪れます。守備の破綻は本拠地・甲子園球場での16勝25敗1分という無残な数字に直結しています。打撃向上ばかりを意識したツケは虎から牙を抜く結末になっていませんか。

 チャンスは作るけど後1本が出ない。逆に少ないチャンスをモノにされて大量失点…。1日の中日戦(ナゴヤD)は今の金本阪神を象徴するかのような試合でした。5ー8の敗戦で単独最下位に転落した試合後、金本監督は「(選手は)集中力を欠いているわけじゃないでしょうけどね。そのへん、負の流れというか、そういうのに、のまれているような感じはしますけどね」と力なく話していました。

 チームは7月26日のヤクルト戦(神宮)から恒例の夏の長期ロードに旅立ちました。しかし、これで2カード消化時点で1勝3敗。まるで浮上への兆しが見えないまま試合数だけが増えていきます。87試合消化時点で39勝47敗1分。借金8で首位・広島とは12・5ゲーム差となりました。広島の貯金は90試合消化時点で53勝36敗1分の17個。もう歴史的な阪神の連勝と広島の連敗でもない限り、逆転するのは不可能に近いでしょう。

 開幕前、金本監督は自軍の戦力に触れ「いままでで一番強いチームができた。手応えがある」と話していましたね。それが数々の誤算の連鎖で思いもしないプロセスを辿っているわけです。4番を期待したロサリオが59試合出場時点で打率・240、本塁打7本、打点30という期待外れの成績で、7月17日に二軍から再昇格した後は下位打線に座っています。しかし、チャンスに弱く、状態は相変わらずです。2ケタ勝利を期待した藤浪も不振から抜け出せず、2勝3敗、防御率6・34で今は二軍落ち。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング