PR

産経WEST 産経WEST

【動画】【西日本豪雨】「生まれた子牛のためにも」 濁流に飲まれた被災牧場が再建目指す 東広島市

Messenger

 西日本豪雨の際に川が氾濫し、飼育中の牛約30頭が濁流にのまれそうになった牧場がある。牛は無事だったが体調不良が相次ぎ、大半の飼料が流失するなど窮地に陥った。しかし、豪雨の直後に子牛が誕生し、牧場に希望をもたらした。「この子のためにも、少しでも早く元の状態に戻らんと」。小さな命を守るため、牛を育てる男性は再建を誓った。(森西勇太)

 「もう終わった。みんなやられてしまう」。

 7月7日午前6時半ごろ、広島県東広島市安芸津町の岡崎牧場。牧場から少し離れた自宅にいた岡崎義博さん(42)は、牛舎の様子を映すモニターの前で愕(がく)然(ぜん)とした。牧場近くの川が豪雨で氾濫し、牛舎に流れ込んだ濁流が牛の顔の高さに達しそうだった。牛たちは不安なのか、身を寄せ合うように集まる様子も確認できた。岡崎さんは画面の前で、ただ無事を祈るばかりだった。

 約1時間半後、濁流が引き牧場に駆けつけると、幸いにも流された牛はいなかった。生き残っていたことに安心したが、牧場は土砂で一面茶色に覆われ、牛舎は損壊。ほとんどの飼料が流され、「これからどうしたらええんじゃ」と途方に暮れた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ