PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】JR四国の鉄道網 9月中に全線復旧見込み

Messenger

 西日本豪雨で大きな被害を受けた四国の鉄道網。土砂の流入や線路下の盛り土の流出などで運転を取りやめて6日で1カ月となるが、今も2路線4区間で運休が続く。JR四国は9月中に全線で再開を掲げ、復旧作業を急ぐ。沿線からは期待の声が上がり、廃線を懸念していた自治体関係者は安堵する。ただ、夏場の観光シーズンへの打撃は大きく、地元経済への影響が懸念されている。

 「バスは本数が少なくて不便。再開が決まってよかった」。JR宇和島駅(愛媛県宇和島市)で、代替輸送バスを待っていた同市の主婦、森藤勝代さん(73)は喜んだ。

 JR四国によると、豪雨による土砂流入などの施設被害は134カ所に及んだ。今も予讃(よさん)線の3区間、予土(よど)線(宇和島-窪川)の全線で運転見合わせが続くが、JR四国は今月9、10日に予讃線の2区間を、同10日に予土線全線をそれぞれ再開。残る予讃線の卯之町(うのまち)-宇和島間を9月中に再開させ、全路線で復旧のめどが立った。

 宇和島市によると、予土線の利用者は、市中心部の市立病院に通院する高齢者や、市内の高校に通う学生が多い。市職員は「バスによる代替輸送は鉄道より余計に時間がかかり、本数も少なく地域住民は不便を強いられている」と再開を歓迎する。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ