PR

産経WEST 産経WEST

【鉄道アルバム・列車のある風景】JR草津線/横田の渡しが往時伝える

(1)渡しを行き交う人の道しるべだった常夜燈が、今は行き交う電車を見守る=滋賀県湖南市(三雲-貴生川)
Messenger

 東海道は53次(品川~大津)とも57次(~守口)とも言われるが、その宿の数もさることながら多くの川を渡る必要があり、今も沿道には船による「渡し」の跡が残っている。

 「越すに越されぬ大井川」や、伊勢湾奥の低地を避けた「七里の渡し(熱田~桑名)」は有名だが、ここ滋賀県にもある。琵琶湖へ注ぐ野洲川(横田川)の「横田の渡し」だ。JR草津線三雲駅(湖南市)近くの踏切前に、常夜灯が立っていた=写真(1)。

 夜間の往来も多く、火を入れて岸辺の船着き場の目印としたのだろう。対岸には更に大きなものがあり、京・大坂の人たちまでもが寄進して文政5(1822)年に造ったとされる(甲賀市観光ガイドHPより)から、この渡しの重要性がよく分かる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ