PR

産経WEST 産経WEST

異例の「全試合映像記録」で「奈良判定」防ぐ…揺れるボクシング界、選手も困惑

日本アマチュアボクシング連盟の山根明会長
Messenger

 日本ボクシング連盟による助成金流用や不正判定疑惑などに対し、都道府県連盟幹部や元選手らが提出した告発状が波紋を広げる中、全国高校総体のボクシングが2日、岐阜市で始まった。大会を主管する岐阜県連盟は審判への信頼性を確保するため、全試合の映像を記録する異例の対応を取った。

 一連の問題では、かつて奈良県連盟会長を務めた日本連盟の山根明会長が同県代表選手をひいきする傾向があると指摘され、告発状では組織的な審判不正があると主張している。大会に出場した奈良県のある選手は「奈良の勝った選手もいい気持ちはしない。(騒動は)奈良の(選手の)試合で悪影響になる。僕たちからしたら、気分が悪い」と困惑気味の様子。「選手が(騒動を)気にしないで試合に臨める」環境を求めた。

 告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」の関係者によると、1日に日本連盟幹部から「話し合いをしたい」と提案があり、「再興する会」側は報道陣への公開を条件としたが、折り合わなかったという。一方、日本連盟幹部は「こちらから(話し合いを提案した)ということはない」と否定するなど、混乱ぶりがうかがえた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ