産経WEST

上司宅で口論、包丁出す 銃刀法違反容疑で奈良・天理市職員を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


上司宅で口論、包丁出す 銃刀法違反容疑で奈良・天理市職員を逮捕

 上司の自宅を訪れた際、正当な理由なく包丁を所持していたとして、奈良県警天理署は7月31日、銃刀法違反(刃物携帯)の疑いで同県天理市建設部土木課の職員の男(43)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午後9時35分ごろ、同市勾田町に住む男性方の玄関口で、刃渡り約17センチの文化包丁1本を取り出したとしている。

 同署によると、男は上司である男性に仕事上の不満をぶつけるために自宅を訪問。上司と口論になった際、タオルで包んだ包丁を取り出したという。様子を目撃した上司の妻が110番した。

 天理市の並河健市長は「本庁職員が刑事事件を起こし、逮捕されたことは誠に遺憾です。厳正に対処し、再発防止に取り組む所存です」とコメントした。

「産経WEST」のランキング