PR

産経WEST 産経WEST

新名称は「キリマルラーメン」 商標権係争中の即席麺「キリンラーメン」

小笠原製粉のご当地即席麺「キリンラーメン」。新名称が「キリマルラーメン」に決まった
Messenger

 小笠原製粉(愛知県碧南市)は1日、看板商品のご当地即席麺「キリンラーメン」の新名称を「キリマルラーメン」に決めたと発表した。秋ごろ新名称で販売を始める。同社は飲料大手「キリン」と商標権を巡り係争中で、変更は「諸般の事情」と説明している。

 「キリマル」はインターネットを通じた投票で6671票を集め「オガサワラ」(2594票)や「ヘキナン」(1913票)を抑えた。小笠原製粉が公募の中から3候補に絞り、7月31日まで投票を募っていた。7月27日に碧南市で開いたイベントでの投票でも「キリマル」が首位だった。

▼アサヒ飲料を商標権で提訴 京都「ティーコーヒー」

 担当者は「キリマルが過半数の得票だったので、すっきりした気持ちで販売できる」と話している。キリンラーメンは昭和40(1965)年に地元で販売を始め、平成22(2010)年から全国展開している。

▼【ビジネスの裏側】シャープ“強敵”は自社ブランド「アクオス」…米国で挑む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ