PR

産経WEST 産経WEST

福岡の鞍手町長を談合で再逮捕 コンサル元役員ら3人も逮捕

Messenger

 福岡県鞍手町の入札妨害事件で、別の下水道事業の指名競争入札でも業者に情報を漏らしたとして、福岡県警は31日、官製談合防止法違反などの疑いで、町長の徳島真次容疑者(58)を再逮捕した。

 コンサルタント会社元役員、神谷真己人容疑者(61)と無職、浦田宗徳容疑者(46)、会社役員、身吉雅隆容疑者(60)の業者側3人を新たに逮捕した。

 再逮捕容疑は、平成27年7月、下水道事業の設計業務を巡る指名競争入札で、最低制限価格を業者側に漏らした疑い。

 県警によると、神谷容疑者が浦田容疑者らを介して入札情報の漏えいを働き掛けた。神谷容疑者の会社が最低制限価格に近い1488万円で落札した。

 徳島容疑者は7月9日、官製談合防止法違反などの疑いで逮捕され、31日に起訴された。町長の辞職願を提出し、31日付で受理された。昨年には地方独立行政法人「くらて病院」の運営に不当介入。浦田、身吉両容疑者らを理事にしようとしたとして昨年12月、町議会が辞職勧告決議案を可決していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ