PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】ハザードマップ、土砂災害も予測と一致 広島、愛媛、岡山の浸水域「危険回避に活用を」

Messenger

 ハザードマップで示された警戒区域は多数に上り、面積が広いことが少なくない。事前にどこで災害が起きるか特定することは難しいが、東大総合防災情報研究センター長の田中淳氏は「ハザードマップは過去のデータと現在の科学的な知見を併せて作られているため、危険度を示す精度は高く、活用する意味は大きい。課題は、いかに地域へ事前に周知できるかで、住民にとって分かりやすく情報を整理しないといけない」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ