PR

産経WEST 産経WEST

ニホンオオカミの頭骨か 奈良・大淀町文化会館で展示 覚書に「庭で殺して保管」

Messenger
ニホンオオカミの可能性が高いという動物の頭骨
ニホンオオカミの可能性が高いという動物の頭骨

 奈良県上北山村で死んだニホンオオカミとみられる動物の頭骨が、同県大淀町文化会館で開催中のミニ企画展「吉野学への誘い-岸田日出男の遺(のこ)したもの-」で展示されている。大正~昭和時代に吉野・熊野地域の自然保護運動に尽力した吉野郡役所の林業技師、岸田日出男の所蔵資料から見つかったもので、同町教育委員会は「吉野郡で唯一のニホンオオカミの手がかりとして貴重だ」としている。ミニ企画展は8月6日まで。

 動物の頭骨は、岸田の遺族が自宅のある同町に寄贈した資料に含まれており、長さ約21センチ。頭骨と一緒に箱に入っていた長男の覚書には「(上北山村の)天が瀬の人が自宅の庭へ、小便を飲みに来た狼(おおかみ)を殺して保管していたのがこの頭蓋骨である」と記されている。

 また、岸田の著作「日本狼物語」には、明治13(1880)年に上北山村の民家近くに現れたオオカミが猟銃で撃ち殺され、残っていた骨片を昭和11(1936)年にもらい受けたとする記述がある。

 町教委はこれらの資料から、昭和11年5月に岸田が上北山村の住民から譲り受けた頭骨と断定。「複数の研究者による鑑定の結果、ニホンオオカミの可能性が高い」とし、今後詳しく調査することも検討しているという。

▼【関西の議論】獣害対策の切り札は「オオカミ」-絶滅種復活を本気で目指す団体 “赤ずきんちゃん症候群”払拭に懸命も理解進まず

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ