PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】どう生かす、過去の災害伝承の碑…西日本豪雨の被災地にも

明治40年の土砂災害を漢文で伝える石碑=30日午後、広島市安芸区矢野東
Messenger

 西日本豪雨の被災地の中には過去にも土砂災害や水害に遭った所があり、石碑を建てて被害を今に伝えていた。昔の人が自然の威力に打ちひしがれながらも、死者の霊を慰め、後世に二度と同じ思いをさせまいと残したメッセージ。現代のハザードマップにも通じる教訓を、私たちはどう生かせばいいのか。

 高梁川支流の堤防が決壊して大規模浸水が発生し、多数の犠牲者が出た岡山県倉敷市真備町地区。災害派遣の自衛隊車両が集まっていた市立川辺小の片隅に、小さな石碑がひっそりと立つ。昭和51年の記録的な大雨による水害を受け設置され、大人の膝下ぐらいの水位線を刻んでいる。

 地区はたびたび水害に見舞われてきた。今回の浸水域も市のハザードマップとほぼ一致。市立小で使う副読本は、高梁川の改修工事の歴史や石碑の写真を掲載してきたが、本多卓郎校長(57)は「先人の知恵で安心して暮らせるようになったとの内容で、『大丈夫だよ』という意識付けに働いてしまったのかもしれない」と肩を落とす。

 川辺小近くにある源福寺境内の高台には、白壁と瓦屋根で造られた「御霊屋」がある。明治26年、台風で地区が浸水し、この屋内に避難した人が屋根を破ってさらに上へ逃れたと伝わる。そばの供養塔は、一帯で200人余りが死亡したと記している。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ